PR

エアコン水が垂れる原因と対処方法を解説

【緊急対応!】エアコンから水が飛ぶ原因と解決策を徹底解説! コラム

エアコンから水が垂れて困っている、そんなことはありませんか?

エアコンから水が垂れる原因は、大きく分けて2つあります。

1つは、ドレンホースが詰まったり、故障したりして、水が排出されずに室内に垂れてしまうケースです。

もう1つは、エアコン内部の水漏れによって、水が室内に垂れてしまうケースです。

どちらの場合も、そのまま放置していると、カビやダニの発生、エアコンの故障などの原因になるため、早急に対処が必要です。

この記事では、エアコンから水が垂れる原因と対処方法を詳しく解説します。

エアコンから水が垂れる原因

エアコンから水が垂れる原因は、大きく分けて以下の2つがあります。

  • ドレンホースからの水漏れ
  • 室内機内部の水漏れ

ドレンホースからの水漏れ

エアコンは、室内の空気中の水分を凝縮して、ドレンホースから排出しています。ドレンホースが詰まったり、故障したりすると、水が排出されずに、室内や室外機に垂れてしまいます。

ドレンホースが詰まる原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ドレンホースの接続部分にゴミやホコリが溜まる
  • ドレンホースが折れたり、曲がったりしている
  • ドレンホースに水垢やカビが付着している

ドレンホースが故障する原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ドレンホースが破損する
  • ドレンホースの接続部分が緩む

室内機内部の水漏れ

エアコンの内部にも、水が溜まる場所があります。この水が漏れて、室内に垂れてしまうことがあります。

室内機内部の水漏れの原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 熱交換器やドレンパンからの水漏れ
  • 配管の接続部分からの水漏れ

熱交換器やドレンパンからの水漏れは、エアコンの使用年数の経過や、メンテナンスの不足によって起こることがあります。配管の接続部分からの水漏れは、配管の劣化や施工不良によって起こることがあります。

エアコンから水が垂れる場合は、まずドレンホースの詰まりや故障が原因かどうかを確認しましょう。ドレンホースの詰まりや故障が原因の場合は、自分で対処することができます。

ドレンホースの詰まりは、掃除機や専用の工具で詰まりを解消します。ドレンホースの故障は、修理が必要です。

ドレンホースの詰まりや故障が原因ではない場合は、室内機内部の水漏れが原因である可能性があります。室内機内部の水漏れが原因の場合は、専門業者に修理を依頼しましょう。

エアコンから水が垂れる対処方法

エアコンから水が垂れる場合は、以下の対処方法が考えられます。

ドレンホースの詰まりや故障が原因の場合

  • ドレンホースの詰まりを解消する

ドレンホースの詰まりを解消するには、以下の手順で行います。

  1. エアコンの電源を切り、室外機の電源プラグを抜く。
  2. 室内機の下部にあるドレンホースを外す。
  3. ドレンホースに詰まっているゴミやホコリを、掃除機や専用の工具で取り除く。
  4. ドレンホースを元通りに接続する。
  • ドレンホースの故障を修理する

ドレンホースが破損している場合は、修理が必要です。自分で修理できない場合は、専門業者に依頼しましょう。

室内機内部の水漏れが原因の場合

室内機内部の水漏れが原因の場合は、専門業者に修理を依頼しましょう。

ドレンホースの詰まりや故障を解消する際の注意点

ドレンホースの詰まりや故障を解消する際は、以下の点に注意しましょう。

  • エアコンの電源を切り、室外機の電源プラグを抜く。
  • ドレンホースを外す際は、水が垂れないよう注意する。
  • ドレンホースに詰まっているゴミやホコリは、無理に引っ張らないように注意する。
  • ドレンホースを接続する際は、しっかりと固定する。

室内機内部の水漏れが原因の場合の注意点

室内機内部の水漏れが原因の場合は、以下の点に注意しましょう。

  • エアコンの電源を切り、室外機の電源プラグを抜く。
  • 室内機の電源コードを抜く。
  • 室内機を開ける際は、ネジを緩める際の力を加減する。
  • 室内機内部の水漏れ箇所を特定する。
  • 水漏れ箇所を修理する。
  • 室内機を元通りに組み立てる。

エアコンから水が垂れる場合は、早急に対処することが大切です。放置すると、カビやダニの発生、エアコンの故障などの原因になるため、注意しましょう。

エアコンからの水漏れはカビやダニの発生原因になる

エアコンからの水漏れは、カビやダニの発生原因になることがあります。

エアコンから水が垂れると、室内に水滴が溜まります。この水滴が乾くと、カビやダニの繁殖に適した環境になります。カビやダニは、アレルギーや喘息などの健康被害を引き起こす原因となるため、注意が必要です。

エアコンからの水漏れを防ぐためには、以下の点に注意しましょう。

  • エアコンのフィルターを定期的に掃除する。
  • 室内機の周囲を清潔に保つ。
  • ドレンホースの詰まりや故障を早期に発見して対処する。

エアコンのフィルターは、1ヶ月に1回程度の頻度で掃除しましょう。フィルターにホコリやゴミが溜まると、ドレンホースの詰まりや故障の原因になるだけでなく、カビやダニの繁殖にもつながります。

室内機の周囲は、ホコリやゴミが溜まりやすいので、定期的に掃除しましょう。室内機の周囲にホコリやゴミが溜まると、ドレンホースが詰まりやすくなるだけでなく、カビやダニの繁殖にもつながります。

ドレンホースの詰まりや故障は、早期に発見して対処しましょう。ドレンホースが詰まると、水が排出されずに室内に垂れてしまいます。また、ドレンホースが故障すると、水漏れの原因になります。

エアコンからの水漏れを発見したら、早急に対処しましょう。カビやダニの発生を防ぐためにも、定期的なメンテナンスが大切です。

まとめ

この記事を読んで、エアコンから水が垂れる原因と対処方法を理解することで、エアコンのトラブルを未然に防ぐことができます。

また、カビやダニの発生、エアコンの故障を防ぐことで、快適で健康的な生活を送ることができます。

コラム
管理者をフォローする
【最新2024年版】エアコンクリーニング業者おすすめ10選!人気サービス徹底比較

コメント