PR

エアコンの掃除は買って何年目にするの?クリーニング頻度について

オキシアップ神奈川中央(湘南クリーンスペース)のエアコンクリーニング良い口コミ&悪い評判まとめ! コラム

エアコンを使い始めると、いつ頃から掃除をすればよいのか悩む人は多いのではないでしょうか。

エアコンは、フィルターや内部に汚れが溜まると、カビやダニが発生して、
健康被害を引き起こす可能性があります。
また、エアコンの効率が低下したり、寿命が短くなったりする原因にもなります。

そのため、エアコンを清潔に保つために、定期的な掃除が必要です。

では、エアコンの掃除は買って何年目にするのがよいのでしょうか?

結論から言うと、エアコンの掃除は、
購入後1年以内に1回、その後は年1回を目安に行うとよいでしょう。

しかし、エアコンの使用頻度や設置環境によって、頻度は変わってきます。

この記事では、エアコン掃除の頻度について、以下の3つを詳しく解説します。

  1. エアコン掃除の頻度の目安
  2. エアコン掃除の頻度を左右する要素
  3. エアコン掃除の頻度を決める際に考慮すべきこと

この記事を読むことで、あなたのエアコンに適した掃除頻度がわかり、エアコンを清潔に保つことができます。

この記事を読むメリット

  • エアコン掃除の頻度の目安がわかります
  • エアコン掃除の頻度を左右する要素がわかります
  • エアコン掃除の頻度を決める際に考慮すべきことがわかります

この記述を読んで得られること

  • エアコンを清潔に保つための方法がわかります
  • エアコンの効率をアップさせることができます
  • エアコンの寿命を延ばすことができます

 

エアコン掃除の頻度の目安

エアコン掃除の頻度の目安は、購入後1年以内に1回、その後は年1回を目安に行うとよいでしょう。

ただし、エアコンの使用頻度や設置環境によって、頻度は変わってきます。

エアコンの使用頻度が高いほど、汚れが溜まりやすいため、頻度を高める必要があります。

例えば、毎日使用するエアコンは、週に1回程度の頻度で掃除することをおすすめします。

また、設置環境が汚れやすい場所にある場合も、頻度を高める必要があります。

例えば、ペットがいる家庭や、キッチンや浴室の近くにエアコンを設置している場合は、汚れが溜まりやすいため、頻度を高める必要があります。

エアコンの種類によっても、汚れやすいものやそうでないものがあります。

例えば、壁掛けエアコンは、内部に汚れが溜まりやすいため、頻度を高める必要があります。

これらの要素を考慮して、自分に合ったエアコン掃除の頻度を決めることが大切です。

エアコン掃除の頻度を決める際に考慮すべきこと

  • エアコンの使用頻度
  • 設置環境
  • エアコンの種類
  • 健康への影響
  • エアコンの効率
  • エアコンの寿命

エアコン内部に汚れが溜まると、カビやダニが発生して、健康被害を引き起こす可能性があります。また、エアコンの効率が低下したり、寿命が短くなったりする原因にもなります。

これらの要素を考慮して、自分に合ったエアコン掃除の頻度を決めることで、快適で健康的な生活を送ることができます。

エアコン掃除の頻度を左右する要素

エアコン掃除の頻度を左右する要素は、以下の3つが挙げられます。

  • エアコンの使用頻度
  • 設置環境
  • エアコンの種類

エアコンの使用頻度

エアコンの使用頻度が高いほど、汚れが溜まりやすいため、頻度を高める必要があります。

例えば、毎日使用するエアコンは、週に1回程度の頻度で掃除することをおすすめします。

設置環境

設置環境が汚れやすい場所にある場合も、頻度を高める必要があります。

例えば、ペットがいる家庭や、キッチンや浴室の近くにエアコンを設置している場合は、汚れが溜まりやすいため、頻度を高める必要があります。

エアコンの種類

エアコンの種類によっても、汚れやすいものやそうでないものがあります。

例えば、壁掛けエアコンは、内部に汚れが溜まりやすいため、頻度を高める必要があります。

これらの要素を考慮して、自分に合ったエアコン掃除の頻度を決めることが大切です。

エアコン掃除の頻度を決める際に考慮すべきこと

  • 健康への影響
  • エアコンの効率
  • エアコンの寿命

エアコン内部に汚れが溜まると、カビやダニが発生して、健康被害を引き起こす可能性があります。また、エアコンの効率が低下したり、寿命が短くなったりする原因にもなります。

これらの要素を考慮して、自分に合ったエアコン掃除の頻度を決めることで、快適で健康的な生活を送ることができます。

エアコン掃除の頻度を決める際の具体的なアドバイス

  • エアコンを毎日使用する場合は、年1回ではなく、半年に1回程度の頻度で掃除することをおすすめします。
  • ペットがいる家庭や、キッチンや浴室の近くにエアコンを設置している場合は、汚れが溜まりやすいため、頻度を高める必要があります。
  • 古いエアコンは、汚れが溜まりやすいため、頻度を高める必要があります。
  • エアコンクリーニング業者に依頼する場合は、事前に複数の業者に見積もりを取ることをおすすめします。

エアコンを清潔に保つための方法

エアコンを清潔に保つためには、以下の3つの方法があります。

フィルター掃除

エアコンのフィルターは、エアコン内部に侵入するホコリやゴミを防ぐ役割を果たしています。フィルターが汚れていると、エアコンの効率が低下したり、カビやダニが発生する原因になったりします。

フィルター掃除は、1ヶ月に1回程度の頻度で行うことがおすすめです。フィルターは簡単に取り外すことができるので、掃除機で吸い取るか、水洗いすることができます。

内部掃除

エアコンの内部は、フィルター掃除では取り除ききれない汚れが溜まりやすい場所です。内部掃除は、1年に1回程度の頻度で行うことがおすすめです。

内部掃除は、専門の業者に依頼するか、自分で行うことができます。自分で行う場合は、エアコンの取扱説明書をよく読んで、安全に作業を行うようにしましょう。

エアコン周りの清掃

エアコンの周りには、ホコリやゴミが溜まりやすいので、定期的に掃除をしましょう。エアコンの周りを清潔に保つことで、エアコン内部に汚れが入り込みにくくなります。

エアコン周りの清掃は、月に1回程度の頻度で行うことがおすすめです。掃除機で吸い取るか、雑巾で拭き取ります。

エアコンを清潔に保つことで、以下のメリットがあります。

  • エアコンの効率がアップする
  • カビやダニの発生を防ぐことができる
  • 健康被害を予防することができる
  • エアコンの寿命を延ばすことができる

エアコンを清潔に保つことで、快適で健康的な生活を送ることができます。

まとめ

エアコンの掃除は、購入後1年以内に1回、その後は年1回が目安です。

エアコンは、フィルターや内部に汚れが溜まると、カビやダニが発生して、健康被害を引き起こす可能性があります。また、エアコンの効率が低下したり、寿命が短くなったりする原因にもなります。

そのため、エアコンを清潔に保つために、定期的な掃除が必要です。

フィルター掃除は、1ヶ月に1回程度の頻度で行うことをおすすめします。フィルターは簡単に取り外すことができるので、掃除機で吸い取るか、水洗いすることができます。

内部掃除は、1年に1回程度の頻度で行うことをおすすめします。内部掃除は、専門の業者に依頼するか、自分で行うことができます。自分で行う場合は、エアコンの取扱説明書をよく読んで、安全に作業を行うようにしましょう。

コラム
管理者をフォローする
【最新2024年版】エアコンクリーニング業者おすすめ10選!人気サービス徹底比較

コメント